とあるオッサンの=^_^=達との共生
 いろんな意見があるでしょうが
2014年06月07日 (土) | 編集 |
楽花大福

唯一の家族がこう観てくれているのは、ほんとうに有り難いことです。猫らのお陰で、どうしようもなかった愚兄が ただの愚兄に格上げされたようでね(;^ω^)

会社ではどちらかと言うと、絶対に駄目社員の部類でして、6年経ったいまもケアレスミスを連発してはヒンシュクをかっております。
生涯初の事務職、生涯初の濃い~~~人間関係  なんて言い訳は置いといて、猫達の係り方と何が違うのかと云うと
必要なことを妥協せずにやる か やらないか

それだけの違いなのかなぁ、と最近思います。
ちょいと頭の回路を撚るだけで簡単に実行できそう、、、、、、には思うんですが、なかなかね(´-∀-`;)

R0017926.jpg
R0017956.jpg
点滴ってよりもおとちゃんの気持ち独り占め出来たせいでヾ(-ε-o)ォィォィ食欲もほぼ戻ってきたポン太 にゃ
もういい歳だしな のんびり大事にいこうや


R0017943.jpg
夜のベランダのフクとポン太  ん?足らんなぁ おーい蘭丸ぅ
R0017952.jpg
よしよし 格好良いぞぉ

R0017919.jpg
R0017917.jpg
お馬鹿なフク なにやら楽しそうである

R0017963.jpg
R0017967.jpg
風が流れるもんで涼しい部屋の出口 どっかり陣取って点滴ハナコを通せんぼの蘭丸
おたがい性格良いからなぁ(;^ω^)

R0018002.jpg
R0018004.jpg
梅雨で季節外れに寒い夜も幸せなオッサン

R0017983.jpg
オマケの蘭丸 ケツメド バッチリ写ってる(´゚∀゚`;)   
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック