とあるオッサンの=^_^=達との共生
 フク に呼ばれた朝
2013年12月14日 (土) | 編集 |
3年前、また近所でチビ猫が鳴いてるな、と思うこと数日
ある朝出勤前に鳴き声が止み、妙に気になって裏庭に見に行くと
隣の家との境のブロックに黒い尻尾のキーホルダーが置いてある
なんだ、氣のせいか、、、と思ったらキーホルダーがモゾモゾ動き出した(=^・^=)

かねてから黒猫を欲しがってた妹を叩き起こし(普段ならこちらが叩き殺される)
帰宅したら病院連れてって息子にするので、それまで面倒うみてくれ、と頼み出社

帰宅するとクロチビは妹の息子になっていました。

それから一年、保護猫が里親サンチに引き取られたり預かり猫が引っ越したりで、次は俺の番?????
と恐怖に駆られたフクさんは、意味不明ながら親を私に変更したのでした。
育ててもらった恩をアダで返す外道猫 と罵られてはおりますが、臆病で小憎らしいうちの子であります。

R0016376.jpg
R0016377.jpg
R0016388.jpg
R0016406.jpg


R0016375.jpg
R0016371.jpg
キラキラ光る座布団が大好きなアホのラク 爪研ぎの下に入れては掻き出す遊びがお気に入り

R0016385.jpg
蘭丸ポン太シスターズは二人でかまくらベッド使える(ミッチミチ)けどフクには無理なので、下で余ったバーガーベッドを設置

R0016427.jpg
おめぇじゃねぇよ蘭丸
R0016432.jpg
たまぁにフクも使うけど
R0016438.jpg
白っぽい方が映りはいいな(^_^;)

R0016413.jpg
冬でも胃はすこぶる快調

R0016456.jpg
R0016459.jpg

え?アダヂが全然目立って無い、、、ってか

R0016448.jpg
R0016451.jpg

ちゃ~んと愛してまっせ ポン太(@^▽^@)ニコッ


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック