とあるオッサンの=^_^=達との共生
 シンポジウムの御報告
2010年12月19日 (日) | 編集 |
日本動物虐待防止協会 代表理事 藤村晃子さま 昨日は貴重な勉強の場をいただきありがとうございました。



どんなお話があったのか、掻い摘んで報告いたしますと、、、、


まず、成田司さんはペット業界で実際に働いていて、現在は動物達のシェルター造り本家ベルリン・ティアハイムの日本版

に動いてらっしゃるとか。

動物の生産者は、善いブリーダーと、善く無い繁殖屋に類別されるべきだ、、、と話していました。

$君らが旅立つ其の日まで

次に、雑誌「AERA」記者 太田匡彦氏  著書「犬を殺すのは誰か」に詳しく書いてらっしゃいますが、ペット業界が動愛法改正に反対する訳を話されてました。
一例ですが、生後8週間未満の子犬・子猫の売買を制限する条文にたいし大反対したり、、とかです。

一番、お客さんが、可愛い!!!と購買意欲をそそられる時期に制限をかけられたら大打撃、、、って訳です。

マルコ・ブルーノさんはドイツと並び殺処分ゼロの国オーストリアの方です。大変ユーモアたっぷりの方で、流暢な日本語とエスプリの効いた話術が魅力的でした。

元来音楽家なんですが、日本のペット地獄を見るに見かねて、自国の方法論などを様々な場所で講演されています。

そして、唯一日本で実効力のある明確な法律、道路交通法並に、ヒトが守らなければならない、と感じる改定をすべきだ、と話していました。

女優の浅田美代子さんは、ご自身何頭もの 殺処分前の犬達を保護し、共に生活されています。
ペットを飼う=命を育てる 

こんな当たり前の事が理解できない日本人の(勿論一部の飼い主の)意識の低さを嘆いていました。


$君らが旅立つ其の日まで


元衆議院議員 藤野真紀子さんは、ご自身の立場を活かし、心ある代議士間で超党派のパイプ作りを推進し

?曖昧な条文を排し、虐待等の具体例を盛り込み基準を明確にすること
?ペットショップが仕入れる場であるオークションを排し、小さな市場を確立すること
?ペット救済税の導入

等を10年計画で実現したい、と話していしゃっしゃいました。


ここで、リスナー代表として質問に立ったデビィ夫人から

法律を改正する小委員会のメンバーはキチンと賛成派反対派 五分五分で構成されているのか
そのメンバーの選考基準は公開されているのか

これに対し、担当官庁からの明確な答えは無かったそーです。愛護団体のメンバーも勿論入っていますが、ペットショップの団体 ペットフードの団体 研究用に動物を利用する大学 同じく企業 などなど、 手強い連中が目白押しな感じでしたね。

も~一つ、現行法で殺処分は、安楽死、と規定されていながら、20分もかけて二酸化炭素ガスで窒息させることの不条理を説いていました。
薬物での安らかな死の方が値段が安いそーで、癒着があるに違いない!、、、とも。

 ここまでが御報告 そしてここまでが、テトラぶろぐの抜粋(; ̄ー ̄A アセアセ・・・


正直、エライ人達と繋がってる皆さんに、是非殺処分ゼロの国をを目指して!と大号令をかけていただきたい。

そしてたとえ日本からペット業界を排することが出来たとしても、敢えて愚か者、と呼ばせて頂きますが、彼らの意識を変えて行く社会づくりを置き去りにすれば、個人輸入でもなんでもして、外国から取り寄せ、同じ事の繰り返しになることでしょうなあ。

ほんの微力ながら、署名やら何やら、出来る事からやってみよーと思う一日でございました。











☆☆☆☆☆☆☆☆
みめるみママさんが里親さんを探してます。

koma-reinnbo-☆mail.goo.ne.jp
(↑アドレスの☆→@に変えて下さいね)
コライユの里親さん大募集!!!
295dd34d8d95a05aceda837ca46e8303.jpg
避妊手術済み、ワクチン接種済み、検便マイナス
マイクロチップ装着済み、ノミダニ駆除済み

そしてなにより、猫が大好き 先住猫チンがいても上手に共存出来る事請け合いですよ~~~
o(~∇~*o)(o*~∇~)o イエーイ もちろんヒトも大好きですからね~~。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック