とあるオッサンの=^_^=達との共生
 コント ユートピア?
2012年11月25日 (日) | 編集 |
R0010207.jpg
 
ゴムひも咥えさせるかなぁ  もーウルトラ悪戯小僧のラクレット

R0010218.jpg
蘭丸のアップと撮ってたら
R0010221.jpg
我も俺もと割り込む割り込む

R0010238.jpg
一方こちらは出番の減ったフクどん  相変わらず良い毛並み
R0010248.jpg
なんじゃワレぇぇ   いいえ何でもございません、、、

R0010270.jpg
このバックは完全に俺の物にゃぁぁぁぁぁ   ちょいとぉ みんなで使うもんなんだぞぉ

R0010287.jpgお みんなでベランダ行こう
R0010290.jpg
R0010292.jpg

すげぇ下からの剃りあげパンチだ

R0010367.jpg
ダイスケ兄ちゃんに喰われるラク

R0010357.jpg
よしポン太 生意気なチビスケを踏み潰せぇ

R0010358.jpg ムギュゥゥゥゥゥ 苦しゅぅないのニャ

R0010446.jpg
後ろのポン太 すげぇ格好

R0010425.jpg
R0010430.jpg

こんなアホづらですが たまらなく愛しいですな

R0010419.jpg

でもな、寝るときはオカアチャンの部屋にいってくれんかね  フクが俺んちにきちゃってからオカンムリなんだからよお、、、、、、





スポンサーサイト

 週一の更新じゃ載せきれませぇぇん
2012年11月17日 (土) | 編集 |
といって、長々書くのはテトラで充分だしなぁ 困った困った

R0010146.jpg
R0010157.jpg
R0010160.jpg

あ~あ 遂に楽太郎が洋服ダンスの上のベッドも制覇  勝ち誇っております

R0010114.jpg
フクのパ~でんねんなお手々



R0010119.jpg
 
ニョォォォォォん(あ、足だった)

R0010174.jpg
三者会談 まぁ今のところは平和なもんです

R0010185.jpg
おほ ラクが釣れたぜぇ

R0010150.jpg
ほんと、いままでで一番の脳天気者かもねぇ ラク

R0010172.jpg
R0010137.jpg
オヤジがテトラに行かないと、朝から甘えてくる蘭丸・ポン太
いつもいつも ありがとうな



おばばの ミル 以外は総出演  

さ、美味いラーメンでも喰ってくるかね

 おまめ 改名
2012年11月10日 (土) | 編集 |
いままでとは違う運命の線路に載ってもらうためにも、ってことで

おまめ・ラクレットチーズ・楽太郎

という 長たらし~~~~~~~~名前になりました。
赤ん坊猫はだいたい乳臭いもんだけど、こいつは特に 独特の匂いを放つ焼きラクレットチーズにソックリな匂い

最初、どっちにしようか悩んだくらいなんで、両方採用することに
早いとこ慣れるようにな おまめ楽太郎(=^・・^=)

先日のフリーマーケット

RIMG0025.jpg

皆さんから頂いた山のような商品が

RIMG0026.jpg

ほとんど捌けてしまいました。ネコ好きさん そうでない方  沢山の人達が来てくれて、充分に効果のある出店となりました。ほんとうにありがとうございました。


RIMG0007.jpg
このあと、フライングボディーアタックをおみまいしたオマメ楽太郎

RIMG0062.jpg
勝ち名乗りをあげております。

RIMG0068.jpg
育ててくれた妹の恩をアダで返し、うちの息子になってしまったフク

彼のテツを踏まないように、と おまめ楽がオッサンの部屋に入ったら早いとこ追い出せ 請求がきてますので辛いとこなのですが たまにくると

RIMG0070.jpg

おお 出窓にも乗れるようになったか

RIMG0076.jpg
RIMG0078.jpg

な~にをしとんじゃ お前はぁ

あれ 居なくなった   

RIMG0080-1.jpg
ポン太  奴はどこいった?



RIMG0079.jpg
信じがたい   なんという早業

RIMG0085.jpg
楽太郎には誰も勝てんなぁ

RIMG0088.jpg
RIMG0089.jpg
RIMG0092.jpg

背後をとられて 面白くない様子の蘭丸    まぁまぁみなさん(;^ω^)

 おまめ 猫エイズキャリア
2012年11月03日 (土) | 編集 |
RIMG0966.jpg

先日の血液検査で判明しました。

RIMG0967.jpg

そして、我が家の人間三人それぞれ調べて思いをぶつけた結果、昨日までと同じくバリアフリーでみんなと仲良く暮らしていこう、ってことになりました。

水場も一緒、トイレも一緒、じゃれ合うのも一緒  

咬み傷から感染する、というのはどうやら共通する意見のようですが、それよりも猫の病気は人の氣 の作用が一番の原因ともいえます。
なので、病を恐れずほのぼのとノンビリと日々暮らすことが一番の予防法だと選択した ともいえます。
そのほうが おまめ自身の免疫力アップにも繋がるでしょう。猫にだってナチュラルキラー細胞くらいあるでしょう。

普段、保護したニャンコは里子に出す出さない別にして、検査結果がでるまで妹の旦那の協力を得て隔離するのに、今回に限り保護当日からボーダレスにした妹の決断にも意味があったんでしょう。

この、食い意地が張りすぎて、口の周りに模様ができるほど脳天気な おまめ と先住猫たちと、どこまでも大らかに暮らしていこうと思う今日この頃なのです。


RIMG0964.jpg蘭丸
RIMG0959.jpgポン太 フク

これからもよろしくな (@^▽^@)ニコッ