とあるオッサンの=^_^=達との共生
 痔~メン’75
2010年08月27日 (金) | 編集 |
手術するほどじゃ無いだすが、軟膏やら座薬やらを大量に投下するので、3週間ほど稽古サボってました。

昨日初めて袴を身に纏い初稽古!こっれがまたなんとも爽快! 大抵の先輩さんは 数カ月は動き難いど~ なんて忠告してくれましたが、幸いそんな心配どこ吹く風で気持ち良く稽古できちゃった

昔は入門初日から袴を付けて稽古したそうですが、戦後の物資不足のあたりから、男は初段女は3級 と大まかな流れが出来たとか・・・・・

正直な感想を述べるならば、怪傑ズバット が強化スーツを着た様な、ライダーマン結城譲二がお面を被ったような スーパーマンが赤いマントをはおる様な  そんな感じです。

布切れ一枚の違いですが、身体がピッと引き締まり、道着も乱れが無くなり、一見動き難そーですが空気抵抗も相まって、界王様の道着を着たゴクウのようにシックリくるんですわ。

最初から装着してたんでは分からない充実感がたまりませんな。


特に、今まで袴付けてないのが不思議なくらいの実力がある と思いこんでる輩が付けたらも~後の祭り、。(笑)

後はその思い込みが本物かどーか 箔をつけてくのは今後の精進以外の何物でもありまへん。


まっすます張り合いが出てきますぜ



moblog_c8a43ea9.jpg


んなこたぁ~どでも良いから、クーラーってやつ入れてくれにゃ


そーそ 他人の喜びや悲しみなんざ、おまえらにゃ何関係もないもんな(*^。^*)
真理を分かってるじゃないのさ~
スポンサーサイト

 あるがまま   あるがまま
2010年08月16日 (月) | 編集 |


家族ぐるみで信用してくれてたであろー生後3か月っくらいのホノボノニャミリー

2週間前に突然母親が家出 

父親とおぼしき、一番懐いてるヤリチンの茶トラや薄三毛が暫くは近くで見守ってる風だったんですが、

白を含め4ニャンが失踪、、、最後に残った茶チビもお盆に入って姿を消しました。



いまどこでどーしてんのか知るすべもありませんが、岸壁を自力で超えるまでに成長できたことが、自分にとっては一番良かった事だと思ってます。




数日前、いつも停車する直前にニャンコの礫死体がありました。早速常備してるタオルを数枚持って、カーブの出口なので、自分も轢かれそーになりながら遺体を路肩の芝生の上に横たえました。

それから姿を見せなくなったので、ちょいと遠慮がちに毎朝御飯食べにきてた黒スケに間違いないでしょう。

それなりに凄惨な姿になってましたが、哀しみも嫌悪感も無く、唯 抜け殻はキチンと始末したるからな  って
思いだけでした。

朝も早いんで大抵警察官にお願いしてしまいますが(御苦労さまです)岸壁を一往復して戻ると丁度(飲酒運転中は絶対見たくない(笑)もーしてないし)赤いランプが徐行してました。

警官に訝しそうに見られながらも袋に入れるのを手伝って見送ってやれました。


何事か注意を促す必要のあるドライバーに敢えて突っ込んだ、、のかも知れないし

ついでに、私のあるがまま を試験するオマケの演出だったかもしれません。


無感動に傍観するのではなく、外見に捉われて感情を暴れさせる、でもなく 言い知れぬ満足感の様なモノに包まれてる氣がしたひと時でした。



それ以外にも まだどーなってるのか、確認出来てませんが、妊婦だった3ニャンがスッキリしてるにもかかわらず赤ニャンのいる気配が全くなかったりもします。

それを知る機会が、必要があれば巡ってくるでしょうし、そんなこんなで生活環境がバランスをとって一定の頭数を保っているのかな~~ なんて気がしてきます。

如何に理不尽で、不自然に見え感じられる状況も 千人が千人ともおかしい、と声を上げる事象でも 或る意味自然な景色の一部、、と云えなくもないのかな~

夏になると、自分の楽しみ以外に興味のない若者が ほぼ毎日花火のゴミをそこらじゅうに撒き散らす

な~んてのは、実に自然な光景 ですしね(#^_^#)

moblog_2c645edc.jpg




 はかなき光の饗宴
2010年08月14日 (土) | 編集 |
恒例の千葉花火大会でおま。

初めて8000発の大台に乗りましたが、代わりに花火前の売れっこ(ない?)芸人の御笑ショーやらバンド合戦などが丸ごとカットされてました。

去年は「小林アナ」とかいたり もっと前は干されたXジャパンのトシがきたり、まぁ色々きてたんすが、な~んもないと チトさびしいですな。



P8070003.jpg



開会前の、まるでドームに刷毛で刷いた様な龍雲です。地球がま~るいから、大気もま~ルくて、空もこんなにまわるいんでしょうなぁ。ナイスショット(;´▽`A``






詳しくないんで正体は分かりませんが一番星を最大望遠で動画してみました。手ぶれモードがないんでまるでウーホーみたいになってしまった、、、、、、



今回はパチパチしなかったので、肉眼でよーく見れましたよ。


花火が一瞬なのは誰しも知ってる事ですが、地球上の生命も視野を広げれば瞬きするほど短い、と悟っちゃうひともいます。

喜び・悲しみ・その他諸々の感情に浸ってる暇はないんだそーです。

時々刻々変る状況に瞬時に集中し適切に対応していると、エ~こと思い出してニヤニヤしたり、嫌なことを思い出して塞ぎ込む余地がなくなるんでしょうねえ。



 習志野にゃんにゃんセミナー
2010年08月13日 (金) | 編集 |
二月に発足したばかりの地域猫活動団体の一回目のセミナーです。

面倒みてるテトラ猫が習志野の住ニャンですので、早速行ってみました。

IPOねこだすけ の代表さんや ふなねこ代表さん ボランティアメンバーや実際に野良ネコの世話をしてる人達から多くの体験談が聞けました。

環境省からの通達、行政との関わり、人と猫が共に幸せに暮らす等々の話から、自分の行動は間違ってないんだ、と云う確信・自信・勇気 を貰い有意義であったとともに

正しい事じゃないかもしれない、ってことも心の隅に持ちながら(人の頭の数だけ是非が付きまといますから)他者(人も動物も)にたいする思いやりを一番に考えて行動すれば、猫の問題だけでなく、すべてが解決の方向へ向かう事でしょう。

いよいよ自分の保護活動も次の段階へ(数を増やさない保護活動)、、、と考えていたんですよ。同じ海岸で同じような活動をしてる人々と連絡を取り合っって~、、、なんて。

なぜに熟慮してるのかはまた今度、、、、、